防犯カメラの設置をして犯罪を遠ざけよう!

レディ

個人宅にも設置すると便利

セキュリティカメラ

防犯対策のために、防犯カメラを設置することが多くなってきています。店舗や企業、個人宅などです。設置するのならダミーでも効果的です。ホームセンターや電気店で売られています。設置場所は死角となるところがお勧めです。

防犯に有効

カメラ設置

個人情報に注意

防犯カメラは、設置してあるとその存在自体が犯罪の抑止力となります。ただ、有効な設置場所や設置するときの注意点について知っておかないと効果がなかったりトラブルとなることもあるので気をつけなければなりません。防犯カメラに撮影された映像は、個人情報保護法の対象となりかねないので、近隣家屋をうつさないようにしたり、防犯カメラを設置してあることをシールなどで知らせておかなければなりません、トラブル防止のためにもまずこの点は注意しておきましょう。有効な設置場所としては、侵入しやすく、死角が多いところがあげられます。裏口や、玄関周り、人目に付きにくい窓の近く、暗いところなどがおすすめです。低すぎたりすると壊されるおそれもあるので高めのところがよいでしょう。

いたずらにも効果的

防犯カメラを設置すると、侵入者や空き巣、泥棒などの発見、防止に非常に効果的です。それだけでなく、いたずらや盗撮、ストーカー被害の防止や証拠として、近隣トラブルの証拠として使うなど、様々な使用方法があります。犯罪の抑止力としてだけでなく、実際に被害にあったときの証拠としても使えるのが大きな特徴です。犯罪以外にも、認知症の高齢者の見守りや、子供の見守りなどにも使うことができます。また、値段はピンキリという特徴もあります。室内用の安いものならば5000円程度から購入できますが、業者にしっかり設置してもらうと数十万円以上かかることもあります。やはり専門業者が付けた物の方がきちんと撮影できますが、見かけからはわかりません。目的にあわせて選び分けるとよいでしょう。

外出先から家を見張る

作業員

自宅を留守にする場合には様々な不安がありますので、監視カメラで常に外出先から自宅をチェックできるようにすることで安心できます。犯罪の早期解決のためには、監視カメラの映像を活かして早めに行動を起こすことが大切です。

子供を見守るときに有効

女性

お子さんを家の中に置いて外出しなくてはいけないときは、監視カメラを設置しておけば家の中の様子を確認することができます。外出しながらお子さんを見守ることができるため、何か問題が発生したときの対処がしやすくなります。